Interview on JaZZ Japan Vol.122 Nov 2020 Issue

JazzJapan Vol.122 2020-11 Interview

4 views

Great review and interview on JaZZ Japan Vol. 122, Nov 2020 issue <excerpt>ブラジル音楽の魔力は、躍動感、天に上るような透明感と浮遊感、人間の息遣い、多様で複雑な混淆…と様々な答えがあるだろう。東京そしてリオを拠点にブラジル音楽のまっただ中で音を作ってきた城戸夕果と、ボストン、ニューヨークでジャズ、そしてブラジル音楽から独自の音を生み出してきたヒロ・ホンシュクの2人のフルート奏者が出会い、“LoveToBrasilProject”としての3年の緊密な活動を経た作品がリリースされた。1曲目から大きく魅せられたのはそのグルーヴだ。フルート2本とピアノという編成への先入観を吹き飛ばされる音・・・(伊藤嘉章)